着物買取り探検隊

着物を買取してもらうなら

私は以前着物の買取の仕事をしていました

その時得た知識から、古い着物でも意外と高く買取してくれる方法をお話ししますね

もう着ない不要になった古い着物をなるべく高く売りたい

でも古い着物だと値段がつかないんじゃないか・・・そう思っている人が案外多いのです

そんな時にネット査定に出すと意外と高い値段で買取りしてくれたりするのです

⇒着物買取査定はこちら

また引越しの時に不要の着物を売却せずに処分する人もいますよね。

でも処分する前に一度査定依頼をして高く着物を買い取りしてもらいましょう

⇒着物を高く売るには?

着物の買取業者について

古い着物を売りたいなら着物買取り探検隊におまかせ下さい。

ここで着物の買取業者の選び方について書きますね。

最近の傾向はネットで着物を買取りする業者が増えてきました。

理由は無店舗による経費削減で高価買取が実現できるからです。

また専門の着物鑑定士がいて高く買取をしてもらえるからです。

しかも全国どこでも査定する人が出張訪問し、郵送宅配でも大丈夫だからです。

とても便利なので着物を売る事を考えている人は一度業者に査定を依頼してみて下さい。

もちろん直接着物を店舗に持ち込むのも大丈夫です。

そしてネットでの着物の査定料金はもちろん無料です。

着物の買取査定について

着物の買取査定について書きますね。

まず一般的に和服を売っている店舗ではなくて、着物の買取査定は専門の業者があります。

その専門の業者が着物の買取価格はどうつけるのか。

それは和服である着物の状態や、ほつれや汚れが酷くないか見ます。

そして買取りする着物は流行りのデザインか見て、人気がある着物は高く買い取られます。

一般的には和服である着物は変化ないと思われがちですが、時代により振袖は柄が変わります。

つまり流行りのデザイン柄の着物なら査定金額が高くなります。

新品は買取査定価格は高くなりますが、古くても流行りのデザイン柄だと高価査定で買い取りしてもらえます。

着物の買取り価格について

一般的な着物の買取り価格や、古い和服を売る時の業者の引き取り額について書きますね。

ところで和服である着物の買取り価格が高いものはどんな物か。

まず高価な和服としては振袖が有名ですが、織り着物と染め着物に分けられます。

織り着物の定義は先染め着物と言われていて、糸の時に色染めをして仕上げる反物です。

代表的な反物としては紬・御召・木綿絣と呼ばれています。

着物の銘柄としては大島紬・結城紬が代表的な作品ですね。

この大島紬の買取り価格ですが、柄や品質にもよりますが、安くて2万円から、高いと10万円以上もの値段がつきます。

そして結城紬の買取り価格は、同じく柄や品質によりますが、1万円程度から始まって、高価な物になると10万円もの価格がつきます。

次に染め着物の定義ですが、糸を染めずに反物にしてから色をつけるものです。

友禅染め・小紋染め・ちりめん・綸子・羽二重などが知られています。

そして加賀友禅の買取価格ですが、着物の中でも高額買取が期待でき、下は5万円程度から、最高級になると20万円ぐらいの金額がつくのです。

また呉服店で買うとそこそこの値段がする着物も売る時になるとやはり値段がかなり下がってしまうものです。

特に買取査定額は保管の状態、汚れ、シミや色ムラや直射日光の色ヤケでかなり変わります。

着物の買取相場について

ここで着物を売る時の業者の買取相場について書きますね。

例えば和服の帯や反物についても有名作家が作った物やブランド品の方が当然相場が高くなります。

まず大島紬を売る時、業者により変わりますが、大体5万円程度が買取相場になります。

これが結城紬になると買取相場は7万円程度にアップします。

また加賀友禅になると、業者の買取相場は10万円ぐらいに大幅アップします。

そして久保田一竹の買取相場になると21万円ぐらいとかなり高額で取り引きされるのです。

そして反物の買取相場は、品物によりますが完成している着物よりも高く買取してくれる事もあります。

その点はもし家に反物があれば買取相場もアップする場合が多いのです。

もちろん反物の場合は、どんな素材で出来ているのか?有名作家の作品なのか?柄やデザインは今流行りのものなのか?そして全体の状態が良いのか?などで変わります。

着物をいつ売るのが良いのか?

ところで家にある古い着物をいつ売るのが良いのか?

着物を売るタイミングというのはあるのでしょうか?

最初に売るタイミングですが、これは今後着物を着る必要がない時点で売れば良いと思います。

そのまま着物を家に置いていても価値が下がるだけですから。

次に着物を高く売る方法は、高く買い取りしてくれる業者を選ぶ事になります。

その業者選びも最近ではネットを使って調べる人も多いわけです。

なぜなら近所に着物を買い取りしてくれる店舗がない場合が多いし、ネットなら宅配で買取してくれる業者が多いので、家にいながらにして売る事が出来るからです。

もちろん着なくなった着物をそのまま家に置いていてもしょうがないので、子供に着させるのか、誰かにあげる人もいます。

どちらにしても着物の価値が下がらないうちに業者に連絡してどの程度の金額で買取りしてくれるのか調べた方が良いと思います。