地域に密着できるよう老人ホームで看護師を

地域に密着できるよう老人ホームで看護師を

3交代制だけれど夜勤のない介護付き有料老人ホーム

地元の総合病院で3年間勤務した後、家庭の事情もあり東京へ越してきました。30代の女性看護師です。上京後は有料老人ホームで勤務しています。以前は両親と暮らしていましたが、今へ結婚して夫と2人暮らしです。老人ホームに勤務する前は、内科病棟1年半、小児科病棟1年半の勤務経験があります。

今働いている施設は介護付き有料老人ホームで、入居者様の人数はおおむね70〜100名程で推移しています。別企業ではありますが、施設内にクリニックも併設されています。看護師の勤務は、早番日勤遅番の変則3交代ではありますが、夜勤やオンコールはありません。併設のクリニックや外部の往診専門のクリニックから往診医は来ますが、施設直属の医師はおりません。看護師は常勤3名とパート2名、介護職員は30名程度です。

元々は保健師の求人を探していましたが、求人自体が少なく転職までに時間を要してしまいそうだったため、病院で勤務するよりも地域に近づけるだろうと考えて有料老人ホームで働き始めました。

入居者一人ひとりと向き合える

病院で働いている時は、治療のためにやむを得ず身体拘束(介護衣、ミトン、抑制帯等)をしていることも多く、抑制をすることに対して抵抗が低くなっていたように感じます。施設で働き始めてからは身体抑制のハードルが病院に比べて格段に高くなったので、身体抑制に対する抵抗が強くなり人間としての感覚を取り戻せたように感じます。また、病院勤務時代は接する機会がなかった介護職員やケアマネージャーとも密に接する機会が多くなったため、看護以外の知識の向上にもつながっていると思います。

病院に比べて一人ひとりの入居者様と接する機会が多いため、入居者様がご逝去される時は毎回辛い気持ちになります。しかしその半面、一人の方の最期に関わることが出来るため貴重な経験にもなります。ただ、入居者様が急な体調不良に陥った際は医療につなぐべきかの判断を看護師に求められることが多く、判断も誤ると命にも関わってくるため責任の重たい業務だと思います。

若い看護師も施設では働きやすいのでは

介護施設で働きたいと考えている方は、高齢者と接することが好きで、かつ家族とも関わる機会も多いためある程度コミュニケーションスキルの高い方が向いていると思います。施設看護全体で言うと年配の看護師が多く勤務していますが、フットワークの軽い若い世代の看護師もどんどん施設で働き始めて欲しいと思います。夜勤がない施設も多いので、子育て世代の看護師にも大変働きやすい環境だと思います。
Copyright(C) 看護師の職場は病院以外にどんなところがある? All Rights Reserved.