検診車内の看護師業務はひたすら採血

検診車内の看護師業務はひたすら採血

興味があったのでバイトしてみた

看護師歴約10年の40代女性です。小児科に5年、内科2年、整形2年と病棟勤務がほとんどですが、病棟以外の勤務にも興味がありました。だから海外へ行くことを目指していた時に、その準備期間の生活費を稼ぐために健診バスに乗ってアルバイトをしていました。

健診の仕事は、短期のアルバイトとして募集があったので、私の希望する働き方とマッチすると思い、応募したのです。

健診というのは未知の世界でしたが、面接に行ってみると、採血をすることが主な仕事であるという説明を受けました。それ以外のことは、放射線技師や臨床検査技師がやるからです。それを聞いて採血だったら、これまでの経験もあるし、出来ると思いました。また県内をカバーする健診バスだったので、移動に時間がかかるということが一つの不安点でしたが、それも移動手当として少し支給がされるということで条件も悪くないと感じました。時給は1200円、移動距離に応じて手当が支給されました。

拘束時間が長いことがネック

健診バスの仕事は病棟に比べて拘束時間が長いということが特徴です。行く場所にもよりますが、朝は6時ごろに病院を出発して健診場所に向かい、帰院するのは19時ごろということもありました。ただ一旦健診が始まると、ひたすら同じことの繰り返しだったので、仕事量は多かったですが、疲労感はそれほどではありませんでした。

健診をする時の相手は健康体の人ですよね。そのために採血を失敗したときや、あまりに健診の待ち時間が長いときには、クレームが出ることもありました。そのクレームに対処することも大変でした。あとはとにかく、採血の技術が身につきます。難しい人の採血でもこなせるようになってきます。

他には、移動バスなので、健診場所が道の駅やショッピングモールということもありました。その時には休憩時間に買い物を楽しむことも出来て楽しかったです。

あまり求人がない職場だけれどやってみるとおもしろい

健診バスの求人ってあまり見かけることはないですよね。求人自体が少ないですし、一旦働き始めると辞める人が少ないからです。でも一度経験してみるととてもおもしろいと感じると思います。病棟でしてきた採血なども生かすことが出来ますし、やりがいのある仕事だったと思います。
Copyright(C) 看護師の職場は病院以外にどんなところがある? All Rights Reserved.